PON BLOG

面倒くさがり屋の自爪セルフネイル。ポリッシュ中心です。

青系グラデーション+ドロップの水面ネイル

      2015/03/05

ベース塗り:
TiNS 035 the tribal turquoise *2
TiNS 005 the aquamarine *2

グラデーション:
イエロー: OPI S01 I'm never amberrassed
ブルー: OPI S04 I can tel you like me
パープル: OPI S03 Don't violet me down

水面
白色ジェル
クリアジェル

夏に使わなくていつ使う、という水色ラメぎっしりのTiNSを慌てて出してきました。特に2本使いしなきゃいけない理由はなく、たまたま2本あったから両方使ってみただけです。
あ、もちろん事前に塗ってはがせるベースコートを念入りに2度塗りしてあります。

で、OPI S04 I can tel you like me で爪先が濃くなるようグラデーションに重ね塗り。
所々OPI S01 I'm never amberrassed の黄色をちょんちょん置くと、黄+青で緑になる。
最後にOPI S03 Don't violet me down で深みを表現。紫だけど青の上に重ねるとちょうど水の深いところみたいな群青に。

それだけでやめといても良かったんだけど、たまたま時間があったので、ドロップネイルってヤツをやってみよう、といらんことを思いつく。名前しか知らなかったので取り敢えずやり方をググった。

簡単に言うとドロップネイルってのは水面に光がキラキラ反射している様をジェルネイルで表現したもので、ベースカラーの上に白カラージェルを塗り、硬化させずに上からクリアジェルをぽたぽた垂らし、自然に広がって泡みたいになった所で硬化するというワザ。
こういうのは動画で見るのが一番。こちらの動画がとても分かりやすかったです↓

なるほど分かった!と叫んでやってみたけど、見るとやるとでは大違い。右左3本ずつやったところで力尽き、もういいやあとの水面はキラキラしてなかったってことにしよう、と終わりました。

自然光ライティング。せめてチップで練習してからやるべきだったな・・・
コツは白カラージェルは真っ白なまま塗ったくらず、少しクリアジェルで薄めて透明感を出しておくこと、垂らすクリアジェルは固めがいいこと、でしょうか。

今回は垂らしたジェルの固さが足りなかったようで、爪のカーブで垂らすそばから流れてしまい、何だか扁平な泡になってしまった。
平たくてキャンバスが広い分、断然親指がやりやすい。

使用品。左から
TiNS 005 the aquamarine 水色ラメぎっしり。替えの効かないお仕事をしてくれる。
TiNS 035 the tribal turquoise ターコイズベースにラメいっぱい。TiNS 005 the aquamarine と比べてしまうとラメ密度はややおとなしめ。
OPI S04 I can tel you like me  ティントブルー。
OPI S03 Don't violet me down ティントパープル。
写真撮り忘れたけど、あとティントイエローのOPI S01 I'm never amberrassed も。

OPI ティントシリーズはグラデーションを作りたくて買い揃えました。確かにシアーでティントって書いてあったけど、まさかこれ程塗っても塗っても色が付かないとは。
しばらく放置していたんだけど、悔しいからまた使い始めました。重ね塗りならぬ重ね盛りのつもりで塗ると、さすがに色が付いた。

美容ブログ ネイルケア・ネイルアート

 - ポリッシュ記録 , , , , , , ,