PON BLOG

面倒くさがり屋の自爪セルフネイル。ポリッシュ中心です。

ピールオフベースコート+ポリッシュ+ジェルトップコート

      2014/06/30

ピールオフベースコートを愛用しています。
ラメやらホロやら使う時は大概塗ってます。
いつもはいちいち記載していませんが、大体こんな感じの使用順。

1. 爪の周囲ぐるりと2mmくらい残してピールオフベースコート 最近はもっぱら pa 塗ってはがせるベースコート *1
2. 普通のベースコート 最近はessie fill the gap *1
3. 塗りたいポリッシュ
4. トップコート
ピールオフの上から通常のベースコートを塗ることに意味があるかどうかはひとまず置いといて、この最後のトップコートの部分を、ジェルネイルのトップコートで仕上げても、ピールオフベースコートのお陰でぺろりと剥がすことが出来るのかどうか、そんな検索ワードでサイトに来てくださる方が結構多いので書いてみました。


結論から言うと、ピールオフベースコートを塗っておくと、仕上げがジェルトップコートでも剥がせます。少なくとも私の場合は。
但し持ちは良くない。

私は結構気にせず指先をガンガン使ってしまうので、通常ポリッシュで1週間、ジェルでも2週間くらいしか持たない。

それが、ピールオフベースコートを塗った上だと、ポリッシュで4-5日、ジェルで7~10日くらいに短縮。
それくらいになると部分的に浮いてきたり、気がついたら1枚取れてたりします。
飽きるし10日以上爪を伸ばすと邪魔で切りたくなるのでちょうどいいんだけど。


オフのやり方は、浮いてる部分にウッドスティックを突っ込んでガッと持ち上げるだけ。
1枚目画像のようにパカッと外れるか、左の画像のようにびりびりと剥いていく。

無理矢理剥がして爪が持ってかれる感じはないけど、うっすら爪が白いから、薄皮くらいは持ってかれてるかも。爪が柔らかい・薄い人には向いていないと思います。

たまにガッチリ付いて浮いてない場合がある。
こんな時はアートしたまま爪先をファイリング。私は爪が割と丈夫なのでいけないと知りつつ爪切りでパチパチ切ってしまう。
先端を覆っているジェルをなくして断面を露出させ、そのままお風呂に入ってしまいます。
地爪とアートの間がお湯でふやけるのか膨張するのか水が入るのか分からないけど、これでかなり浮いてくるので、剥がれやすくなります。

それでもどうしても外れない場合は、もはや水分が入り込んでるので何としてでもオフしなければなりません。通常通りアセトンやマシンで地道に落とすことになりますが、幸い私はそこまでかたくなにオフできなかったことはないです。

ベースコートを塗らなかった外周2mm部分も何故か大体一緒に剥がれるか、普通のアセトンフリー除光液で何とかなってしまう。


他の方のブログで、すぐ剥がれる、逆に全然剥がれないなどなどうまくいかないケースを見ますが、やり方云々ではなく多分爪の個人差によるものなんじゃないかと思います。

剥がれにくい爪の場合はピールオフベースコートを厚めに2度塗りしておくとペロっと剥がれやすくなるみたい。
以上、ただの「私のケース」の羅列でした。

関連記事:ピールオフベースコートを使ってみる
ピールオフベースコートを剥がしてみた ~簡単スピーディ 無臭ネイルオフ

美容ブログ ネイルケア・ネイルアート

 - 雑記